第5回 非がん疾患のエンドオブライフケア セミナー

Description

第5回 非がん疾患のエンドオブライフケアセミナー 
(オンライン開催)


日本エンドオブライフケア学会・EOLケアを支える専門職の実践教育研究委員会では、我が国の非がん疾患の緩和ケアを推進するために、毎年「非がん疾患のエンドオブライフケアセミナー」を開催してきました。
今年は第5回非がん疾患のエンドオブライフケアセミナーを2021年7月17日(土)に開催いたします。

我が国においては、非がん疾患のエンドオブライフケアの研究、教育、実践は立ち遅れており、超高齢・多死社会を迎えようとする今日、我が国における非がん疾患のエンドオブライフケアの確立は我が国の医療の最重要課題となっています。

今回のウエブセミナーでは、初めて「遺族の経験からEOL期の課題や対応を学ぶ」
-本人の意思を尊重した医療介護の選択と看取り-という企画を計画しており、EOL期の課題を相互討論によって、ご本人ご遺族の視点から見つめなおす機会になればと考えています。

他にも、「認知症の人の日常生活•社会生活における意思決定支援ガイドライン」作成に中心的に関わられた小川朝生先生のご講演や、神経難病や脳卒中などの神経疾患の緩和ケア全体について荻野美恵子先生から。また、心不全のエンドオブライフケア、緩和ケアの話題について岡田 将先生(千葉大学)からご講演をいただきます。

このセミナーが、病棟・在宅・施設等で働く医師、看護師などの医療職にとりまして、国内外の研究で明らかになった様々なエビデンスに基づき、非がん疾患のエンドオブライフケアについての、質の高い実践ができる一助になればと考えております。
皆様のご参加をお待ちしております。

EOLケアを支える専門職の実践・教育・研究委員会
******************************************
1.非がんのEOL総論

東京ふれあい医療生協 梶原診療所 
研修・研究センター  平原 佐斗司先生

2.神経疾患の苦痛緩和
国際医療福祉大学医学部医学教育統括センター
副センター長     荻野 美恵子先生

3.遺族の経験からのEOL期の課題や対応を学ぶ
遺族参加プログラム 【企画】島田千穂・岩城典子
-本人の意思を尊重した医療介護の選択と看取り-
コーディネーター 佐久大学人間福祉学部 島田 千穂先生
越谷市医療と介護の連携窓口 松家 まゆみ様
ご報告者 小林 充江様


4.認知症の方の意思決定支援のガイドライン
国立がん研究センター 先端医療開発センター
精神腫瘍学開発分野  小川 朝生先生

5.心不全の方のEOL期の苦痛緩和
千葉大学病院循環器内科 岡田 将先生

※プログラムは予定です。変更する場合がありますのでご了承ください。
※講演詳細は、わかり次第お知らせいたします。

【お問い合わせ・事務局】
東京ふれあい医療生活協同組合 梶原診療所 研修センター
電話:03-3911-5171(代) 
メール:training_center@fureaico-op.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#1022490 2021-05-28 01:38:38
More updates
Sat Jul 17, 2021
9:30 AM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
学会員 ¥3,000
非学会員 ¥5,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 16, 2021.

Organizer
非がん疾患のエンドオブライフケア セミナー
308 Followers

[PR] Recommended information